Company

ハイエンドとは、真に自分の内面が高まると感じる深層体験。
本物でセンスがよく、視座を高める意味のあるヒト・モノ・コトとの出会い、
究極的には”What Money can’t buy”、お金で買えない時空間体験です。
特にZ世代は消費に「意味」を求め、自分がお金を使うことで社会がより良い方向にいくと感じられる
ソーシャルインパクトの高いサービスやプロダクトに共感しています。

このような本質を求める消費者に響くサービスに磨き上げるために、Urban Cabin Instituteでは、
国やブランド企業、ファミリービジネスなどに対して「ハイエンド・ブランディング」を行っています。
アート、建築、ファッション、デザイン、食、イノベーション、ウェルネスなど、豊かさを形成する分野を
横断したハイセンスで意外性のあるメッセージの発信やコラボレーションを提案します。

また、ニーズやプロジェクトの規模に応じて、他分野の専門家や協業会社とチームを組み、
クオリティが高く、テイラーメイドのマーケティング戦略やカスタマーエクスペリエンスを誠心誠意、
情熱を持ってプロデュースします。

高校球児が米大リーグを目指して技術を高めるように、ハイエンドを目指すことで
高品質のサービスやプロダクトが生まれ、その業界のトップランナーとして社会に貢献できるのです。

先の見通せない時代に「新たな顧客層に訴求したい」「新しい価値を生み出したい」
「サービスレベルを上げたい」とお考えのみなさまからのお問い合わせをお待ちしております。

山田理絵

会社情報

社名 一般社団法人 山田家
設立 2015年12月25日
代表理事 山田 長光
事業内容

茶道宗徧流不審庵とUrban Cabin Institute
二つのブランドの運営を通して、以下の事業を行なっています
・本物で上質な文化体験の提供
・サービス提供人材の育成事業
・宗徧流茶道の継承および発展

事業所

248-0003 神奈川県鎌倉市浄明寺5−1−23
Tel 0467-23-2300
Fax 0467-25-1550

Website URBAN CABIN Institute